面接はその次のステップということに

大抵の企業は、応募者を一次選考にかけてある程度振り落としますので、面接はその次のステップということになります。

書類審査をクリアし、面接に進むことができた以上は、いつもの自分をPRすることで採用までたどり着けるような準備が必要になります。

面接の場はあまり受け身になり過ぎず、自分から採用担当者や会社をチェックする位の意気込みで臨むとリラックスできるでしょう。
顔汗を止めたいなら

気持ちに余裕を持って面接に臨むための一番の方法は、しっかり事前に面接の準備をしておくことです。

人を採用したいからと求人を出している企業が、採用を決断するような人材の共通点とは一体何でしょうか。

就職活動のセミナーは、同じ会場に採用担当者と学生が参加しており、マッチングしやすいようになっています。

様々な学生が情報を得るために就職セミナーにやってきますが、どのように動いているかは人によります。

いくつもの企業ブースに積極的に足を運ぶ学生もいますが、中には企業ブースはほとんど回らず見ているだけという学生もいます。